くらしの最適化

【習慣化】読書が続かない人は読書環境を見直すべき!

読書がなかなか続けられない人に捧ぐ記事

読書を習慣づけたいけど、なかなか続かないという人少なくないですよね。
そんな読書の続かない人の特徴は、読書環境が整ってないというものがあります。何を隠そう私自身も読書環境が悪く、なかなか読書が続かない時期がありました。

そんな読書の続かない私が
読書環境を整えたことで、簡単に一発で読書を習慣化することが出来ました。

この記事で、あなたも読書家になれる!

この記事を読めばあなたもきっと読書を続けられるようになります。
さて、では始めます!

読書を続けるために大切なことは環境作り

なんども言いますが、読書を続けるために必要なことは環境作りです。

読書を続けられてないということはあなたにあった読書環境が整ってないということです。

読書以外の誘惑がない環境をつくること

現代には誘惑が沢山あります。
スマホがあったり、テレビがあったり、漫画があったり。
それらの誘惑をなるべく断つような環境を作りましょう。

読書しか出来ない環境を意識的に作る

読書も出来る環境じゃダメなんです。 読書しかできない環境が必要なんです。

仕事の休憩時間や電車内とかおススメ

私の場合は仕事の休憩時間に読むことにしてるので、
テレビや漫画はありませんし、スマホは最初の頃は電源を切るようにしていました。
すると、もうほぼ誘惑がなくなるわけです。

そうすると、いまこの瞬間1番楽しいものは読書しかない!となるので
自然と読書に手が伸びるわけです。

そして、読書してるうちに読書の楽しさ、素晴らしさに気づいていくわけです、

読書の素晴らしさについてまとめた記事もあるので、是非読んでください!↓

http://www.ohmg.tokyo/entry/the_merit_of_reading_a_novel

読みたい時に読める環境を作る

読書の素敵さが少しずつ沁みてきた時に大事なのは、
読みたい時に読める環境を作るということです。

読書の魅力に気づいたあなたは
もう暇つぶしの選択肢の1つに読書を思い浮かべることが出来ます。
知らぬ間にステージが1つ上に上がっているのです!

ソシャゲーやろうかなぁ?
ラインしようかなぁ?
あ、暇なときはやっぱり読書しよう!ってなる可能性が高まっています。

しかし、せっかく読書したいと思えたその時に本が手元に無ければどうすることも出来ません。

そんな時に、必要なのがいつでも読書できる環境です。

読書のモチベーションの保ち方

モチベーションをいかに殺さないかということも大事なのです。

読書したいと思えた時に、
読書できるように鞄の中には常に本を入れておくといいです。

紙の本を鞄の中に入れっぱなしにしてると、
ぐちゃぐちゃになることも多いので私はkindleを使っています。

また、kindleを使っていると一冊読み終わって、
まだ読みたいなぁとか、
続編すぐ読みたいなぁという
モチベーションを殺すことなくスムーズに読書できるのでkindleは、おススメです!

こうして、読みたい時に読める環境を作ることで読書量を増やします。

読書量が増えると好きな作家が見つかる

読書以外の誘惑がない環境で読書を続け読書の魅力に気づき、
いつでも本を読める環境をつくり、
読書量を増やしたあなたは前に比べて本を読むことが出来ているはずです。

そして、出会えるのです!
好きな作家さんに!

好きな作家さんが出来たら読書の習慣化はもう余裕です!

好きな作家さんに出会えたら、
もう本を読むのが楽しみになること間違いなしです。

過去の作品を読むのも楽しみですし、
新作がいつ発売になるかなども楽しみになってきます。

同じ作家さんが好きな人同士で、趣味の話なども出来ます。
本の話をするのはとても楽しいです!

まとめ

このように自身の読書環境を見直すことで、
読書の続かない日々から、読書が楽しみになる日々が変えることが出来ます。

是非、読書環境を見直して楽しい読書ライフを送りましょう!

おすすめ記事

http://www.ohmg.tokyo/entry/get-reading-habits

https://www.ohmg.tokyo/entry/good-goods-2018

ABOUT ME
maru
maru
オーマイガー東京(編集長)/キグルミだ熱狂(gt, 作詞作曲)/新卒2年目エンジニアです。赤坂と浅草におります。最近作った→ https://lgtmeow3.tokyo