くらしの最適化

支払いの最適化 – 経験もお金も貯まるお金の使い方

まる
まる
面倒くさくなく、簡単に、お金も経験も貯めていきたい。そんな自分がいつもやってる支払いの戦略をまとめました。
なんとなくお金を支払うより、格段にお金も経験も貯まっていきます。

例えば、お金払うことなく、沖縄、札幌に行けたり、もっと貯めるとアメリカやヨーロッパ行けたりするようになります。
お金に換算すると、年間20万以上お得になります

支払いの基本戦略

まる
まる
支払いの基本戦略はこんな感じ!

  • クレカで払ってマイルを貯める
  • paypayなどクレカ経由で支払えて、ポイントが貯まるものは使う
  • 割り勘なども積極的にまとめて払う側を引き受ける(無理はしない。友情大事)
  • どうしようもないときだけ、現金で支払う

支払い最適化戦略のメリット・デメリット

まる
まる
支払い最適化戦略のメリットとデメリットです。
自分の状況と照らし合わせてみてください。

メリット

旅行にただで行ける

この支払い方法を続けていくと、マイルがどんどん溜まっていきます。
マイルが貯まるといろんな場所にタダで行けるようになります。

今まで、払いっぱなしだったお金にこんな価値があったとは。

月の支払額 月の獲得マイル 年間獲得マイル 東京からタダで行ける場所
62,500円 625マイル 7,500マイル 札幌、沖縄、ソウル(片道)
125,000円 1250マイル 15,000マイル 札幌、沖縄、ソウル(往復)
167,000円 1670マイル 20,000マイル グアム(往復)、ハワイ(片道)
217,000円 2170マイル 26,000マイル パリ、ロンドン、NY(片道)

参考:JALグループ国内線特典航空券 マイル早見表
参考:JAL国際線特典航空券PLUS 各路線の必要マイル数

※厳密には、税金・燃油特別付加運賃などあり、タダではないですがとても安い

割引も受けやすい

積極的にPayPayなどのキャッシュバックを使っていくので、通常価格の2割引で購入などが出来るようになります。

月の収支を把握しやすい

お金で支払っていると、レシートをちゃんと取っておかないと月々の支払いを把握することはかなり難しいんですが、この戦略では支出を全てクレジットにまとめるので、月々いくら使ったかをスマホ一つで簡単に把握することが出来ます。

デメリット

口座から一気にお金が減る

引き落としのタイミングが月一なので、当たり前なんですが口座から一気にお金が無くなります。
最初のうちはちょっとびっくりします。

やろうと思えば限度額まで買い物出来てしまう

例えば、銀行口座に10万しかなかったとしても、クレカを使えば限度額まで購入することが出来てしまいます。
その辺はきちんと管理して置く必要があります。

支払い最適化戦略で使用するアイテム

まる
まる
支払い最適化戦略を実行するために必要なアイテムを紹介していきます!

jalカード

マイルが貯まるカードならなんでもいいんですが、自分は色々検討した結果JALカードを使っています。

JALカード 普通カード

海外の会社が運営するマイレージサービスのカードもあったんですが、チケット交換用のサイトの使い方が英語でUIも微妙やし、安心安全のJALでええかーってなりました。

新卒2年目にして、JALの上級会員に上り詰めた同期が

同期
同期
20代ならこれ一択でしょ。

って言ってたからたぶん間違いないです。

Suica

忘れちゃいけないのが、Suicaです。
Suicaもアプリ経由でチャージすると、JALカードを使用することが出来るので、交通費もマイルが貯まるようになります。めっちゃ大事です。ちなみに、PASMOは対応していません。

  • 駅に行く
  • 黒い券売機でSuica買う
  • Apple PayにSuicaを登録する
  • Suicaのアプリをダウンロードする
  • JALカードでチャージする

の流れです。

paypay

2019年5月31日までクレカ経由でも10%キャッシュバックしてくれるので使っておきましょ。
その先は、キャンペーンがあるかどうかとか、便利かどうかとかで継続かどうか決めればいいと思います。

PayPay

支払い最適化戦略で気をつけること

まる
まる
細かい部分で気をつけるといいことがたくさんあるので紹介して行きます!

交通費をうまくカードで払う

先ほども説明しましたが、交通費をカードで払えると全然変わってきます。

480円 × 20日 × 12ヶ月 = 年間115,200円分のマイルがたまったります。

自販機などもカードでチャージしたSuicaを使う

ちなみに、自販機も小銭で払うよりはチャージしたSuicaで払うとマイルたまります。小さいことからコツコツと。

ふるさと納税はマストでやる

ふるさと納税はマストでやりましょう。

メリットとしては

  • 単純に節税になる
  • 節税になる上に、マイルまで貯まる

ということでやるしかない。

この辺で

やっておくといいと思います!

公共料金もうまくカードで払う

公共料金も払えるだけカードで払いましょう。

Yahoo!公金支払い

割り勘などの時に無理しすぎない。友情大事

割り勘の時は積極的にまとめて払うキャラになりましょうって言いましたが、やりすぎはよくないです。友情大事。

他に払う人がいなさそうな時に、端数はいいよ〜。くらいの感じで払うとみんな気持ちがいいかもしれないです。

定期的にクレカの支払い額を確認する

文字通り、定期的にクレカの支払い額を確認しましょう。思ったより行ってるときや、思ったより行ってないときあります。

ちゃんと確認する癖をつけて、今月残りいくら使っていいのか把握しましょう。リボ払いとかは基本的に使ってはダメです。単純に損なので。

限度額は最大まで上げておく

いざという時のためにクレカは限度額まで上げておきましょう。

  • 入院する
  • 引っ越しする
  • デバイスを買い換える

とか大きい買い物する時に、限度額が来てしまうとせっかくのマイルを貯めるチャンスが飛んで行ってしまいます。
上げれるだけ上げて置くのが得策です。

具体的にクレカで払える場所

  • 飲食費
  • 交際費
  • 携帯代
  • 交通費
  • 賃貸費用
  • 公共料金
  • ふるさと納税
  • ネットサービス系全部
  • その他諸々

まとめ

戦略といっても、支払いをクレジットカードに寄せまくるという単純な作戦でした。
とりあえず、現金で払うメリットが1mmもないのでそれだけわかってもらえればと思います。

ABOUT ME
maru
maru
オーマイガー東京(編集長)/キグルミだ熱狂(gt, 作詞作曲)/新卒2年目エンジニアです。赤坂と浅草におります。最近作った→ https://lgtmeow3.tokyo