音楽のドキュメント

ボーカルのレコーディングで気をつけること – ボーカル録音の最適化

はじめに

このドキュメントは、ボーカルをレコーディングする際に気をつけるべきことをまとめたものです。

ボーカルのレコーディングで気をつけること

部屋

  • 響きが変わるので、なるべき同じサイズの部屋でやるべき
  • 中央にマイクを置かない(変に反響を受けやすい)
  • 壁際にマイクを置かない(壁からの直反響を受けやすい)

マイク

  • 音質が変わるので1曲通して同じマイクで録音するべき

ダイナミックマイク

  • 環境差を受けにくい
  • ライブ感がでる
  • 周波数が狭い

コンデンサーマイク

  • 環境差受けやすい
  • より繊細に録れる
  • 周波数が広い

その他の道具

  • リフレクションフィルターを使うと環境差を多少埋められる

休憩

  • 25分に5分は休憩する

テイクコンピング

  • 1テイクで済ませない
  • 複数を組み合わせて作る
  • そのためには、ブレスの位置、リズムを意識する
  • 3~4テイクで次にいく

まとめ

ボーカル録音は、準備が大事ってことが徐々にわかってきました。

ABOUT ME
maru
maru
オーマイガー東京(編集長)/キグルミだ熱狂(gt, 作詞作曲)/新卒2年目エンジニアです。赤坂と浅草におります。最近作った→ https://lgtmeow3.tokyo